尿路結石の症状、尿路結石の治療

スポンサードリンク
尿路結石は尿路に結石が出来る病気で、結石の場所により、
腎結石、尿管結石、膀胱結石、腎結石と呼ばれます。
尿は腎臓で作られて、腎盂、尿管、膀胱、尿道と流れて排出されます。
これらの場所に結石が出来ることを尿路結石といい、
腎盂なら腎結石、尿管なら尿管結石、膀胱なら膀胱結石、
尿道なら尿道結石と呼ばれます。
結石は尿中のカルシウム、リン、尿酸などの物質が結晶化したもので、
大きさや数はさまざまです。
尿路結石の主な原因は、水分の摂取が不十分なことにより、
夏に汗を掻いたときなどに起こりやすく、激痛をともないます。
尿管結石の場合は、腎結石が尿管に引っかかったもので、
尿をせき止めてしまうことで、水腎症となり激痛を発することがあります。
Google

尿路結石の症状

尿路結石の症状は、まずは腎杯に結石が出来ることが多く、腎杯結石といいます。
結石が尿管に流れて詰まると尿管結石となります。
尿管結石になると、結石のある側のわき腹から背中に激痛が起こります。
小さい尿管結石は自然に排出できることもあります。
尿管結石の主な症状は激しい痛みと血尿です。
あまりに激しい痛みで、冷や汗、嘔吐、血圧低下などを伴います。
背中をたたいてズシンと響く痛みが腎臓にあれば尿管結石と思われます。
痛みは激しいですが、尿管結石で死ぬことはほとんどありません。
膀胱結石の場合は、頻尿や排尿困難があらわれます。
尿管結石を排出するときに、尿道につまると尿道結石になります。
尿道結石の場合は、排尿困難が強いので、早急に治療する必要があります。
スポンサードリンク

尿路結石の治療

スポンサードリンク
尿路結石の治療は、結石が小さい場合は自然に排泄されるように
水分を大量にとり、排石促進剤を使用します。
結石が排泄された場合は、その結石を病院にもっていき、
分析することで、尿路結石の再発を防ぎます。
痛みが激しく、排石が期待できないときや水腎症などを合併しているときは、
継続的な治療が必要で、尿管結石が長く尿管に留まっている場合、
水腎症が改善せず、そのため腎臓が紙のように薄くなって機能が廃絶してしまうことがあります。
体外から衝撃波をあてて、結石を砕いて排泄させる体外衝撃波結石破砕術や
細尿管鏡でレーザー超音波により結石を破壊する治療法をとります。
尿酸結石やシスチン結石の場合は、薬により溶解することができます。
Google