◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
マロリー・ワイス症候群の症状
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


マロリーワイス症候群は食道から胃への移行部である噴門に、避けたような傷ができて出血する病気です。
原因は、過度の飲酒や暴飲暴食の後に、嘔吐を繰り返したときに、胃の内圧が高まって、その内圧により、噴門の部分の粘膜に裂傷を生じるというもので、せきやくしゃみなどが原因で起こることもあります。
飲み会が多い時期に増える病気です。
出血がひどい場合は危険な場合もあります。
一緒に飲んでいた友人が、しょっちゅう血をはいていたことがあります。
普段から暴飲暴食をする人なので、さらに飲みまくって、はきまくるので、喉が切れたといっていました。
実際には喉ではなくて、食道と胃の境目が切れています。
抗がん剤などの副作用、つわり、脳腫瘍などでも起こることがあります。
他には、食中毒、乗り物酔い、妊娠悪阻が原因となることがあります。
1929年、マロリーとワイスという医師が報告したことで、マロリー・ワイス症候群と呼ばれています。
男性に多く、年齢は平均45〜50歳とされていますが、小児に起こる場合もあります。
症状は、新鮮血を吐き、下血もあり、症状は急性胃潰瘍とよく似ています。
急性胃潰瘍の場合は、最初の嘔吐から食べ物に血が混じって出ますが、最初に血の混じっていない内容物を嘔吐した後に、吐血します。
噴門の粘膜が破れるわけでなく、傷がつくだけなので、腹膜炎などの心配はありません。
大量の吐血により、出血性ショックに陥ると命の危険があります。
出血量は平均1000ml前後から2000mlで、輸血が必要な場合は10〜50%です。
潰瘍は胃にあることが多く、潰瘍の数はひとつで、大きさは1cmくらいまでのものが多いです。
潰瘍の治療として、H2ブロッカーなどの酸分泌抑制薬を服用します。

i-mobile

続きを読む
PC版で見る
(C)マロリー・ワイス症候群の症状